増税後の住まい給付金

平成31年10月に消費税10%への引き上げ。国土交通省からメリットがでる支援策!
住まい給付金を利用して賢くお家を買いましょう♪(2019年10月1日以降のお引渡しとなる物件が対象です)

\ ココがポイント /

消費税の増額は、引き渡し時点の税率で決まります。
(※詳しくは消費税率引上げに伴う住宅に関する経過措置をご確認下さい。)

2019年10月以降にお引渡しとなる住宅が消費税10%です。2019年9月末までにお引渡しができた住宅は消費税8%ですので、住まい給付金の控除内容も変わりますのでご注意ください。

消費税8%のうちに購入したい場合は建築が住んでいて、すぐに契約・決済ができるモデルハウスをご購入ください♪

ナミカワ不動産販売ならすぐに観れるモデルをいくつもご用意しております。

↓ ↓ ↓

\ まだ間に合う!ココがポイント /

消費税の増額は、引き渡し時点の税率で決まります。
(※詳しくは消費税率引上げに伴う住宅に関する経過措置をご確認下さい。)



でもまだ大丈夫!

ナミカワ不動産販売ならすぐに観れるモデルをいくつもご用意しております。

また、セミオーダープランでも平成31年9月30日までにお引渡しができる物件もございます。



住まい給付金って?

消費税10%になり、生活費にも大打撃…マイホームを購入しようかと思っていたけど、消費税が2%も上がったからなぁ…と躊躇してしまっている方!

住宅購入時の際に利用できる優遇制度の「すまい給付金」をご存知ですか?

すまい給付金」とは住宅取得者の負担をかなりの程度暖和するために創設された制度です。

住宅ローン減税は支払っている所得税等から控除する仕組みです。収入によって給付額が変わるため、住宅購入の際に合わせてご相談下さい。

事前に自分がどのくらいもらえるのかシュミレーションができますので、ぜひ一度お確かめください♪

↓ ↓ ↓
   

増税後の住まい給付金は…

住宅ローンは金額が大きく、返済期間も長くなります。ほんの少し金利が上がるだけでも長い目で見ると利息が大きく変わってきますね。

ここ近年は低金利で、住宅購入がしやすいと言われていますが
0.5%~1%の金利上昇はいつおこってもおかしくない状況です。

ナミカワ不動産販売の住宅分譲地の住宅ローンの金利適用は、現在の金利ではなくお引渡し時の金利です!

令和元年10月1日以降にお引渡しをした住宅は消費税10%となります。

お引渡しまでは「住宅ローン事前審査」や「売買契約」、「住宅ローン本審査」から「金銭消費貸借契約」などの様々な工程が入りますのでお引渡しまでは長い期間がかかることもあります。

※お引渡しまでの工程はこちらからご確認ください。

では実際に消費税10%とになったら住まい給付金はどうなるのか…結局、増税ということはその分、購入者の負担になるのでは?

いいえ!負担軽減をはかるためにできた「すまい給付金」です!もちろん増税になっても負担を減らすための対策が用意されています♪

↓ ↓ ↓



お問い合わせ

おすすめ物件 - 買いたい方

  • 画像リンク

    月々のお支払が5万円台 で買えるお家特集!

  • 画像リンク

    月々のお支払が6万円台 で買えるお家特集!

  • 画像リンク

    月々のお支払が7万円台 で買えるお家特集!

  • 画像リンク

    売主直販の新築戸建!仲介手数料は必要なし♪

  • 画像リンク

    現地に行けなくても大丈夫!動画で物件チェック♪

  • 画像リンク

    忙しいママ達を応援します!ママ想いのお家特集!