施工工法

☆2×4(ツーバイフォー)工法☆

地震に強い6面構造

在来工法のように柱と梁の軸(線)ではなく、壁と床の面で家屋全体を構成していく工法。

使用する木材が少なく単純であることなどから、工場による量産化が進んでいます。

施工法がマニュアル化されているので品質は安定してます。 

一般的に2インチ×4インチの断面をもつ木材を使用するため、このように呼ばれています。

面で支えるので、安定感があって地震に強いのが特徴。

パネルの厚みのおかげで断熱性や気密性も高まります。  

★木造軸組在来金物工法★

工法の特徴

1.地震や台風に強い ●金物工法 ●パネル化

2.熟練技術を必要としないシンプル施工

3.トータルコストの削減 ●工期短縮 ●現場廃棄物削減
            

4.住宅引き渡し後のクレーム減少          

設計の自由度が高い伝統工法

構造材の仕口・継手を金物接合とします。接合部分は木造内部に納まり、木造建築本来の美しさを損ないません。

また接合部の断面欠損を最小限とすることで接合強度を大幅に向します。

木造在来軸組工法と同様の手順で、より簡単に高精度の施工を行うことができます。

設計の自由度が高いので、狭小地や変形敷地などでも対応しやすく、増改築も比較的簡単。

木材は間接的な火では燃えにくいため、屋根や外壁に不燃材を使えば耐火性はより高くなります。

金物工法

構造材の仕口・継手を金物接合とします。
接合金物は木材内部に納まり、
木造建築物本来の美しさを損ないません!!

また、接合部の断面欠損を最小限とすることで
接合強度を大幅に向上します。

木造在来軸組工法と同様の手順で、
より簡単に高精度の施工を行うことができます!!


耐食性に優れた高品質表面処理
複合金物に使用するカチオン電着塗装は、非常に高い防錆力をもつ塗膜を形成し、耐食性に優れた信頼性の高い表面処理です!!

接合部強度が従来の約1.5倍

従来の木造在来軸組工法の接合部に比べ、木材の断面欠損が非常に小さくなり
約1.5倍の接合部強度を実現します!!

また、梁受金物はホゾ付きで、木材の経年変化でやせても横架材がずれ落ちにくい構造になっています!!   

金物仕口


仕口部欠損率

15

在来仕口


仕口部欠損率

    
58

施工性に優れ、工期短縮を実現

複合金物はブレカット工場で取り付け済み!!
熟練技術を必要としないシンプルな施工方法なので、工期を短縮できます!!

あらわし構造にも
最適な美しい仕上がり


接合金物は柱・梁の内部に隠れるので、
あらわし構造にしたときに
木材の美しさを存分に生かすことが可能です!!

構造用集成材


強度性能が明確


集成材は、木材を挽き板にして大筋・割れなどの欠点を取り除き、接着積層することにより品質を均一化し、強度性能を高めました。
その品質・強度等が明確に表示できます。  

寸法精度が高く狂いが少ない

木は乾燥するほど強度が増します!!
JAS認定の集成材は含水率を15%以下にまで落とし、反れ・割れなどを防ぎ、
クロスの割れ・床鳴り・床の不陸・建具の不具合などを減少させます!!



保湿性に優れている木

木は熱伝導率が最も低い建築材料で鉄に比べるとその熱伝導率は約1/200、
コンクリートでは約1/4という低さです!!

また鉄骨やコンクリートが結露しても、木は結露することはほとんどありません!!
このように優れた断熱性能を持つ木は、寒暖の差の激しい日本の気候に最適な材料と言えます。

様々なこだわりの部材が組み合わさって、強固で快適な住まいが出来上がります!!