【太陽光発電の仕組みについて】

太陽光発電システムは、屋根の上に設置した
太陽電池モジュールを使い、
太陽の光エネルギーで発電する
システムのことです。
太陽光だけを利用して発電するため、
石油や石炭といった化石燃料は
一切必要としません。
CO2を排出しないクリーンなエネルギーです。
発電した電気が余った場合には
電力会社へ売ることも可能です。

太陽電池を使って発電した電気は、
パワーコンディショナにより直流電力から
交流電力に変換することで、
ご家庭内のさまざまな家電製品で
使うことができるようになります。
また、発電した電力量がご家庭で
使用している電力量を上回った場合は
電気を電力会社に売ることができます。
反対に、曇りや雨の日など発電した
電気が足りない場合や夜間などは、
従来通り電力会社から電気を買います。
売買の切替は自動で効率よく行われます。

1 太陽電池モジュール

  太陽光のエネルギーを受けて
  太陽電池モジュールが
    直流電力を発電します。

2 接続箱

  太陽電池モジュールで発電した
    電気をまとめてパワーコンディショナに
    送るための装置です。
  雷(誘導雷)などの過電圧からも保護します。

3 パワーコンディショナ

  太陽電池モジュールで発電した
    直流電力を、家庭で使える電気
    (交流電力)に変換します。

4 分電盤

  パワーコンディショナで
    変換された電気を、
  家庭内の配線に分配します。

5 売電用/買電用メーター
 

  売電用メーターは、家庭で使い切れず
  電力会社へ売られた電力量を計測。
  買電用メーターは、夜間や
    雨の日などに電力会社から
  買った電力量を計測します。

6 モニター
  
  発電量や売電量、消費電力量等を
  手軽にチェックできます。
  ※モニター画面はハメ込み合成です。

【太陽光発電のメリット】

余った電気は売れる、
だからいっそう経済的

自家発電による電気代節約に加え、
売電によりさらに経済的になります。

*上記グラフは一般的なご家庭
(大人2人、子供2人。電気・ガス併用住宅)に
太陽光発電システムを設置した場合の
売電電力量をイメージしたもので、
実際の売電電力量とは異なる
場合がありますのでご注意ください。
※1:従量電灯契約と時間帯別電灯契約を
比較した場合。
詳しくはお近くの電力会社にお問い合わせ下さい。
※2:時間帯別電灯契約の場合。
詳しくは、お近くの電力会社にお問い合わせ下さい。

買い取り制度

平成28年度(2016年4月~2017年3月)

買取価格、期間※3
10kW未満余剰買取ダブル発電・余剰買取 出力制御対応機器 設置義務なし出力制御対応機器 設置義務あり※4出力制御対応機器 設置義務なし出力制御対応機器 設置義務あり※4 調達価格 31円(税込) 33円(税込) 25円(税込) 27円(税込) 調達期間 10年間 10年間 10kW以上平成28年4月~ 調達価格 24円(税別) 調達期間 20年間 ※3:買取価格は基本的には年度ごとに見直しが行われます。(一度売電がスタートした方の買取価格、期間は当初の特定契約の内容で『固定』されます。)買取期間は、特定契約に基づく電気の供給が開始された時から起算します。(試運転期間は除く) ※4:北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成27年4月1日以降に接続契約申込が受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。(2015